駐車場の運営計画

Parking Search

駐車場を運営するには細かな調査が必須

現在、すぐに利用する予定が無い土地を有していたり用途に困っている土地を有している場合は駐車場を運営するという選択は最適です。
一般的な乗用車1台が要する面積の目安は7坪です。
そのため、土地が広くないという場合でも2台から3台の枠を設け時間貸しの駐車場を運営し、副業として収入を得ることができます。
運営方法は土地の所有者が設置から管理に至るまで全てを行う自己経営と、駐車場を専門的に管理している業者に運営を委託する2つの方法が存在します。
また、駐車場には様々な種類があるため土地の広さや形状、周辺の環境を考えた上で建設する形態を決定しましょう。
そして、利用者のニーズに適したサービスを提供することで利用者を確実に増やしていきます。
その際に住宅地もしくは商業地といった環境でも利用者数が異なりますし、交通量や違法駐車の数など様々な統計をとり調査することが必要です。
さらに、利用を促進するために看板や理解しやすいサインを設置することも重要です。

駐車場の運営計画をたてる際に考慮すべき点

駐車場を運営する場合、土地の見極め方は賃貸アパートなどを経営する場合と同じと言っても過言ではありません。
周辺の状況や環境を入念に調査し、具体的な経営計画を練って判断します。
駐車場として一般的な台数の15台分であれば、収入は月極の場合45万円でコインパーキングの場合だと75万円です。
こうした一般的な台数の駐車場で平均的な収入を手に入れるためには立地と法的基準、需要をおさえていることが条件です。
仮に、立地条件と周辺の環境が良好で需要が高い場合はさらに収入を見込むことが可能です。
収入や経営に不安が残る場合は業者に運営委託する方法もあります。
運営委託の場合ならメンテナンスや掃除、クレームの対応なども代わりに業者が行ってくれるため安心できます。
収益は減ってしまうものの不安を感じないため精神衛生上は好ましいと言えます。
自己経営の場合だと収益は全て自分が手にすることができるものの、こうした一長一短を念頭において運営方式を決定しましょう。

Valuable information

Last update:2017/3/16

△ページトップ