経営にかかる税金

Parking Search

駐車場経営にかかる税金について

駐車場経営をするためには、税金や経費のことも知っておかなければいけません。
駐車場にかかる税金は、1平方メートルあたり約30万円です。
これは、固定資産税評価額1台あたりの計算になります。
20平方メートルならば、だいたい600万円となります。
消費税は発生するのかというと、マンションやアパートの駐車場ならば、土地の貸し付けが短期間でないならば非課税です。
しかし、駐車場は舗装がされている、フェンスなどが設置されているというなら、これは施設の貸し付けにあたり、消費税がかかってくるのです。
もし、舗装もしていない、フェンスも設置していないというならば、土地の貸し付けということになり消費税はかかりません。
固定資産税や都市計画税は、全国一律ではなく各市町村ごとに定められているものです。
そのため、土地がある市町村役場、または税務署に問い合わせるのが良いでしょう。
マンションやアパートの経営ならばこれらの税金は減額されます。
駐車場経営よりも得だという見方もあります。

駐車場経営で相続時の税金を抑える

駐車場経営を利用して相続時の税金を抑えられる方法があります。
相続した財産の評価額の算出時に適用できる小規模宅地等の特例と言う制度があります。
この制度は被相続人が事業用もしくは居住用として持っていた土地の評価額を、一定額減額出来る制度です。
賃貸アパートなどを経営している場合は減額の対象となりますし、駐車場経営を行っている場合も特例の対象となります。
しかしここで注意したいことが有ります。
駐車場と言っても地面が砂利敷きでロープで駐車スペースが簡易に区切られている場合は、小規模宅地等の特例の対象とはなり難いです。
このタイプの駐車場は地面を舗装する必要がありませんので、手軽に始めることが出来ますが、税金面でのメリットは少なくなってしまいます。
駐車場経営を利用して相続税対策を行うには、地面をアスファルトやコンクリートで舗装することが大切です。
土地活用の方法としては比較的リスクが少ない為、始められる方も多いですが、収入面だけでなく将来的な税金にも気を配る必要があります。

おすすめWEBサイト

最終更新日:2016/12/22

△ページトップ